PRESS RELEASE プレスリリース

「学ぶ・体験する」 ひざについて考える。 KNEESUP(ニーズアップ)お客様参加イベント開催報告

2019.03.01

「学ぶ・体験する」 ひざについて考える。
KNEESUP(ニーズアップ)お客様参加イベント開催報告

2月23日(土)・24日(日)・25日(月) 大阪・枚方 蔦屋書店にて

靴メーカー・アシックス商事株式会社(本社:兵庫県神戸市 社長:白川正人)は、「ひざと健康」に関するトークショーや「健康と美容」をテーマにしたウォーキング講座、歩行・足形計測会などの企画を盛り込んだ『「学ぶ・体験する」 ひざについて考える。KNEESUP(ニーズアップ)お客様参加イベント』を、2月23日(土)・24日(日)・25日(月)に枚方T-SITE内の蔦屋書店(大阪府・枚方市)4Fイベントスペースで開催しました。

現在、ひざトラブルを抱える日本人は約3,000万人※1 と言われています。本イベントは、2月25日の「ニー・ニッコリひざ関節の日※2」にあわせ、普段意識することの少ない「ひざ」について気軽に学んだり計測したりできる機会を設けることで、健康への意識を高めて生活の質的向上につなげることを狙いに実施しました。今回は健康意識の高い40〜50歳前後の男女を中心に、3日間あわせて約400名のお客様が参加しました。

※1 厚生労働省「介護予防の推進に向けた運動器疾患対策についての報告書」(平成20年)より

※2 「ひざ関節の日」はキューサイ(株)が制定した記念日です

〇KNEESUP(ニーズアップ)について

「RaKUWaLK(ラクウォーク)」ブランドの「KNEESUP(ニーズアップ)」シリーズには産学医が連携して開発した、ひざへの負担を軽減するクッショニング構造「MCCS」(Medial Cushion Control System / 特許出願中)を搭載しています。ひざトラブルの未然予防に貢献するウォーキングシューズとして2018年9月より発売を開始しました。40〜50歳代、アクティブシニア層から特に好評をいただいています。

〇イベント概要

【歩行・足形計測会】

ご自身の足形や荷重のかかり方などを、測定機材を使用してチェックしました。普段気付かない足の特徴やひざバランスの状態を知ってもらい、最後に足形データをプリントアウトして提供し、今後の靴選びのアドバイスを行いました。

【健康・美容ウォーキングイベント】

一般社団法人日本DF WALK協会認定コンディション・ウォーキングコーディネーターの山口純子先生によるウォーキング講座を開催しました。30〜50歳代の女性を中心に約30名が参加され、量より質の高いウォーキングをめざし身体のコンディションを整える美しいウォーキングフォームとひざに負担の少ない歩き方に関する講義と実技を行いました。

【トークイベント ・ 知っ得!今日から始められる「ひざ」への健康投資】

金井病院(京都市伏見区)整形外科部長の劉和輝先生をお迎えして、暮らしの中で知っておくと得をする「ひざのケア」に関するトークイベントを開催しました。同時ゲストとして健康雑誌「からだにいいこと」編集委員、当社の「KNEESUP」企画開発担当者も登壇し、普段の生活の中でケアできる「ひざにいいこと」やカラダを支える道具としての「シューズの役割とひざの関係」について約1時間、座談会形式で行いました。40〜50歳代の男女を中心に約50名が参加し、その場でできる立ち上がりテストやイスに座って行うひざの筋力トレーニングやストレッチなどのケア方法をお客様にも参加してもらいながら啓蒙しました。

〇参加者の声

・40歳代男性(会社員) 歩行・足形計測会のイベントに参加

「初めて自分の足や歩き方について知りました。ひざトラブルで悩んでいる母親のためにアドバイスできることがないかと情報収集もかねて参加してみたのですが、この体験を通して自分自身のひざケアについても考える良いきっかけとなりました。いろいろなひざケアの説明もしていただきましたので、自分でも実践するとともに、家に帰って母親にもアドバイスしてあげたいと思います」

・50歳代女性(主婦) トークイベント・知っ得!今日から始められる「ひざ」への健康投資に参加

「お医者さんの説明なので難しい内容なのかなと思っていました。でも自分のひざの状態を簡単にチェックできる立ち上がりテストや、毎日の生活動作の中での良いこと悪いことなども具体的にモニターを使いながらご説明頂いたのでとっても分かりやすかったです。最近ひざの周りに違和感があったので早速実践してみたいと思います」

〇 「KNEESUP」ブランドサイト

https://www.asics-trading.co.jp/shop/pages/rakuwalk.aspx

当社では、今後もひざトラブルに関する啓蒙活動および「KNEESUP」の認知拡大に向け、お客様と直接コミュニケーションがはかれる各種イベントなどを積極的に実施していく予定です。また、お客様からいただいた声を商品開発に生かし、ニーズを的確にとらえた高機能シューズを一層充実させていきます。

アシックス商事では「快適な足元生活を支える」をスローガンに、靴づくりを通して付加価値の高い商品提案を目指します。