企業情報

沿革

沿革

資材の充実期
昭和30年1月〜昭和52年3月
昭和30年1月、弘吉商事(株)として資本金125万円で設立、資材専門商社として企業活動を開始。
→神戸のシューズメーカーに対して資材を供給する商社として、オニツカ(株)(現:(株)アシックス)やバンドー化学等と取引。 昭和45年12月、資材の海外取引(資材関係等の海外輸出)開始。
営業基盤の構築期
昭和52年4月〜昭和59年3月
昭和52年5月にシューズ商品(一般シューズ)の販売開始。
昭和58年2月に(株)アシックスの資本参加を受ける。
充実期
昭和59年4月〜平成19年1月
昭和59年5月にジュニア用スポーツシューズ「アシックスタイゴン」の販売を開始。
→当社マイブランド商品の誕生、本格的海外生産の始まり。
昭和60年3月に「アシックスタイゴン」がヒットし、3月期売上高が100億円を超える。
昭和62年9月に商号を弘吉商事株式会社からアシックス商事株式会社へ変更。
平成3年1月に大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成7年2月に物流機能の増強を趣旨として小野配送センター設置。
平成14年3月に本社を神戸市須磨区に移転。マイブランド販売比率が80%を超える。
平成15年8月に東京証券取引所市場第二部に上場。
企業グループ転換期
平成19年2月〜
平成16年8月、台湾等海外販売拠点として亜瑟⼠商事股份有限公司を設立。
平成19年2月、ニッポンスリッパ(株)を子会社化。
平成19年9月、(株)アシックスの連結子会社となる。
平成19年10月、海外販売本格化。
平成20年4月、連結子会社ニッポンスリッパ(株)の全株式を取得。
平成20年10月、検品・検針を主業務とする蘇州日愛香塘貿易有限公司(現:蘇州日愛貿易有限公司)を設立。
平成24年9月、直営小売店舗「AcureZ」オープン。
平成26年3月、(株)アシックスの100%子会社となる。