Amazon Pay使えます

PayPay使えます


ペイディ使えます

<前月

次月>

営業日カレンダー

定休日



【プレーントゥ】 【ストレートチップ】
つま先に装飾がないシンプルなデザイン。

つま先に横1本のラインがあるデザイン。

スーツはもちろん、ジャケットスタイルと合わせてカジュアルにしても。
ビジネスシューズを買うなら、買っておきたいマストな1足です。
”間違いがない”という点ではこちらもおススメ。
冠婚葬祭でも活躍するデザイン。
プレーントゥと一緒に揃えておけば、咄嗟のイベントに慌てなくていいですよ!
-------------------------------- --------------------------------
写真の商品
TU-7768:ブラック
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約3.0cm
写真の商品
TU-7010:ブラック/ブラウン/ワイン
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約3.0cm
【雪上耐滑/防水透湿】 【防水透湿】
雪上耐滑底と防水透湿機能採用の全天候型。

防水透湿機能採用の全天候型。

雪上でも耐滑性を発揮する「ハイドロストッパーGF(ガラス繊維配合ラバー)+高耐磨耗ラバー」を採用。
さらに、GORE-TEXメンブレンも採用。
雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がし、雨の日も安心です。
優れた防水耐久性・透湿性を誇るGORE-TEXメンブレンを採用。
雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がし、雨の日も安心です。
靴の中はいつでもドライで快適。
-------------------------------- --------------------------------
写真の商品
TU-8010:ブラック/ブラウン
(4Eサイズ相当)
ヒール高:約3.0cm
写真の商品
TU-8002:ブラック/ブラウン/ワイン
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約3.5cm


【プレーンタイプ/5cm】 【ストラップタイプ/5cm】
装飾がないシンプルなデザイン。

パンプスに履きなれない方におススメ。

スーツスタイルにピッタリ合うデザイン。
もちろん冠婚葬祭でも活躍します。
是非持っておきたいタイプのパンプスです。
ヒールが苦手方はコチラを選んでみては?
足に固定されるので、歩きやすくなりオススメです。
-------------------------------- --------------------------------
写真の商品
LO-17060:ブラック
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約5.0cm
写真の商品
LO-17070:ブラック
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約5.0cm
【プレーンタイプ/3cm】 【プレーンタイプ/7cm】
低ヒールでよく歩く方にオススメ。

高ヒールでキレイに魅せたい方にオススメ。

低ヒールなので歩きやすいデザイン。
初めてパンプスを履く方や長時間歩く方でも疲れにくくオススメ。
もちろん冠婚葬祭でも活躍します。
履き心地とキレイ魅せを兼ね備えたパンプス。
足を長く見せる効果があり、より美しい立ち姿を演出してくれます。安定感のあるヒールで歩きやすいデザインです。
-------------------------------- --------------------------------
写真の商品
LO-17130:ブラック
(4Eサイズ相当)
ヒール高:約3.0cm
写真の商品
LO-17480:ブラック
(3Eサイズ相当)
ヒール高:約7.0cm
【STEP1】

薄手の靴下、
ストッキングを用意する


靴下・ストッキングの厚さで履き心地も変わってきます。

革靴やパンプスを履く際に、当日履く靴下・ストッキングを用意しておくと合わせやすいです。
【STEP2】

室内で試し履きをする

両足で試し履きするのがおススメです。

靴紐やストラップをしっかり留め、
実際に立ってみて履き心地を確認してみましょう。
【STEP3】

室内で軽く歩いてみる

歩いた時、

1.「かかと」が脱げそう
2.靴が「くるぶし」にあたる
3.「足幅」がきつくて痛い


この3つのポイントを確認してみましょう。
【臭いの原因になる】

2足又は3足は用意して、1日履いたら休ませておきます。
連続して同じ靴をはかないようにしましょう。

履いた靴の湿気をしっかり乾かせれば、靴自体も長持ちしやすくなります。
【靴が傷みやすくなる】

雑菌や湿気は臭いだけではありません。
靴の革そのものにもダメージを与えてしまいます。
履きやすいからといって毎日同じ靴を履いていると、靴の寿命を短くしてしまいます。
【1】最低1日は休ませる

2足又は3足は用意して、1日履いたら休ませておきます。
連続して同じ靴をはかないようにしましょう。

履いた靴の湿気をしっかり乾かせれば、靴自体も長持ちしやすくなります。
【2】履いた靴は通気性のよい場所へ

1日中履いた靴は湿気だらけ。
帰宅した後、すぐに靴箱へしまわず、 風通しがよく、日があたらない日陰に 置いておきましょう。

雨で靴が濡れていたら、丸めた新聞紙を詰めて陰干しします。
新聞紙はこまめに取り換えましょう。
【3】お手入れする(ブラッシング)

週に1回、又は2週間に1回はブラシなどで靴についたホコリやゴミを丁寧に落としてください。
【4】お手入れする(汚れを落とす)

さらに、キメの細かい布に靴用のクリーナーを適量とり、靴に均一に塗っていきます。
軽い汚れや古いクリーム、ワックスなどを落とし、栄養を革に与える効果があります。